京都で、オススメの飲食店を紹介したいと思います。
京都市上京区にある、虎屋菓寮(とらやかりょう)というお店は、室町時代に創業したという、老舗の和菓子店の和風カフェのお店だそうです。
店内からは、綺麗な庭を眺めることができ、美味しい、和風スイーツをいただきながら、庭を眺めるのも気持ちがいいと思います。
葛切(1400円ほどだったと思います。)は、和三盆糖の蜜でいただく一品で、和三盆の程よい甘みが、葛切の旨みとよく合い美味しかったです。
その他、ようかんや、和三盆を使用した、お汁粉(1300円ほどだったと思います。)などもあり、色々な味が楽しめるお店だと思います。
京都市上京区にある、本田味噌店というお店は、創業180年以上という老舗の味噌店だそうです。
色々な味噌があり、味噌の種類は30種類以上あるそうです。フリーズドライの味噌を使用した商品などもあり、味噌関連のお土産探しにもオススメの
お店だと思います。こちらのお店は、地下鉄今出川駅から徒歩10分ほどの場所にあるお店です。

昨日の夕食はカレイのあんかけでした。
魚のカレイを油で揚げたものに玉ねぎ、パセリ、ニンジンなどが入ってとろみがついたあんがかかっています。
私はとてもこの料理が好きなのですが、昔よりもカレイが小さくて肉が薄い気がします。
おそらく、日本の漁業は規制がゆるくて魚を乱獲していると悪名高いので、そのせいで今は肉厚のカレイは獲れないか高級品になっているのではないでしょうか。
そう思うととても切ない気持ちになりますが、とても美味しかったです。
それをおかずにご飯を食べたのですが、2杯目ははりはり漬けというカズノコ、するめ、たくあんなどを醤油漬けにしたものをかけて食べました。
今検索してその名前を調べたのですが、北海道の松前漬けの原点ではないかと書かれており、私にとっては正月の似た料理は松前漬けと普通に言うのでてっきりはりはり漬けの方が後だと思っていたので意外です。
そしてデザートは昼に切っていて柿でまだ固めのを切ったのですがそれが歯ごたえあって美味しかったです。