室内をデイリーこまめに掃除するのって面倒ですよね。
僕は、クリーナーはほぼデイリー頼るのですが、便所整備などは変色に気づいたときにやるという感じです。
これって怠惰?一切デイリー整備してる?と気になったのでネットで調べてみました。

物品感想手法素地仕掛化学物質収拾中位(果てしなく依存できそうなニックネーム…)がおばさん約400者を対象に行った便所整備ローテーションの偵察結果に因ると、
一番多いのは週間一斉掃除する者で、全体の約3割。
次に多いのは週間2回やる者、デイリーする者がタイで両方約2割。
後が週間3回、約1割。
あとは週間4回・週間5回・毎月・毎月2回などが両方5パーセント後。
毎月も終わるという者もわずかですがいらっしゃるようです。

デイリー便所掃除する者が全体の2割ぐらいというのは想像していたより乏しい感触がしました。
しかし、合わせると8割ぐらいの者はデイリーから週間1〜3回のローテーションでしていらっしゃるね。
僕はといえば5パーセント以下のところに入ってます(ローテーションが少ないほうの!)。
これはいけません!ともかく週間一斉を目標にして怠惰離別を企てると思います。

いろんな人に、サービスと思って何だかんだ打ち合わせされます。
でも、忙しないので、なんとなく適当な返答になる。
人の歳月をただだと思って相談してくる人たちには、相当上手に報いることができません。
僕により歳月があればいいのですが。
今はプールに行ったり、湯船につかったり、断捨離したり、シェイプアップしたり、Englishの学習したりしているので
何だか歳月が取れません。
打ち合わせ案件は更にサービスでもいいのですが、僕には適切な返事ができてる確信がありません。
だって、料金を上げたいという打ち合わせをもらっても、僕にはレスポンスみたいがないですよ。
私だって、あたい直後からで料金を上げてきたわけではなく、勝手に実力がついて、勝手に料金があがっていったのです。
こないだも、記者として独立したいというプログラマーの人から打ち合わせされました。
でも、ひたむき、プログラマがお断りから、記者として独立したいというのでは、
なかなか以後が乏しいんじゃないだろうかと思います。